昨日のワーク、「魔法の歩み」をしている時に、思い出した事があります。
それは「ザ・マジック」の事をまだ知らなかった時のことです。

以前の私は、心がいつも重たくて、いつも何かに悩んでいました。一つの悩みが解決したかと思うと、何か他の悩み事が頭を巡り始めたりて・・、そうやって頭を使うのが癖になっていた。
つまり、マイナス思考ってやつですよね。物事のとらえ方全てを、どんな事柄も悪い事に向かっていく様にばかり考えてしまう。それをどうにかして、プラス思考に持っていきたいと常に思っていました。

「ついてる、ついてる」と常に繰り返して言っていると、ついてる事を引き寄せる、というのを知って、それを実践していたころがあったのです。
ある時にも、頭がガンガンする程悩んでいて、「ついてる、ついてる」を実行しようと思ったのです。公園をウォーキングしながら、「ついてる、ついてる」を心の中で繰り返し、つぶやいていました。他のシーンでも、台所に立ちながら、買い物しながら、ふと思い出してはつぶやいていた。
でも、数日実行していくうちに、なぜかますます苦しくなるのです。まるで、自転車のペダルを後ろに回しながら、前に進もうとしているみたいに感じるのです。
とてもちぐはぐな感じがして、ますます自分が自分でない感情に落ち込んでいって・・・、なんでついているかって、具体的に何も感じられないから、苦しかったのだと思う。

全然「ついてる」感覚がなくて、なにが「ついてる」のか、全く分からなくて、なんだか知らないけど、逆に腹が立ってきてしまったということがあった。
苦しくても、苦しくても、それ(ついてる)を感じられるようになるまで繰り返すことが大切だったとしても、その苦しさがいつまで続くのかの恐怖感もある。

あるところでも、同じようなことがあった。子育てに悩んで、ある教室に通っていた時の事、「感謝することが一番大切だ、”ありがとう、ありがとう”と繰り返しているだけでもいい。」と言われ、そうしていた事があったのだけど・・・、何が「ありがとう」なのか、ちっとも実感がなくて、ありがたくもないのに「ありがとう」とつぶやくギャップに苦しんでいた。結局、その教室に通うのを辞めてしまった。

今、考えると、「あ~そんな頃もあったな~」と懐かしく思い出す。なんでここまで来れたかって、一口には言えない。ヒーリング受けたり、セミナーに行ったり、色々な所に行って色々な体験をして、時には傷ついたり恨むよう事も起きた。

でも、「ザ・マジック」を買って実践をはじめてからは、少しずつ考えが変わってきた気もする。
「感謝できること」が、なぜ・何に・どうして・自分の周りにある物や出来事・自分の周りの人たち等々・・生活の全てのシーンを考え書き出し、”ありがとう”がそこにある事に具体的に気がつくようにワークが進む。
ルールを自分のやりやすい方法に、変えてしまって実践しているところもあるにせよ、自分自身や周りに感謝出来る事がこんなにもたくさんあったんだ、って気付かせてくれる。以前は恨みにしか思っていなかった事に対しての、物事の見え方が変化したこともある。


しかし今は、気持ちの感覚が以前とは違うことを、しっかり感じることができている。ザ・マジックに出合ったことに、今私は本当に感謝したい。
サンキュー=(イコール)ラッキーなんだな。
まだラウンド2が途中だし、とぎれとぎれの実践になってしまっているけど、ワークを意識していない時でも、感謝が自然に出来るようになっている気がする。
ラウンド2が終わったら、またラウンド3、4と、ずっと続けていきたい。