あの頃、

毎日涙を流していた頃

生きているのが苦しくて仕方なかった頃

夜眠れずに、

毎晩夜空を眺めていた。


田舎の夏の夜空には、

満点の星が見えた。

流れ星も数えられるほどだった。

星を眺めていると、

この空のずっとずっと彼方のどこかの星に、

わたしと同じような誰かが

むこう側から空を眺めている気がしたんだ。

その彼方の星の友達と、心の中で話をしていた。


あなたも同じなんだね

苦しいんだね。

私たち一緒だね。


一緒に頑張ろう、生きていこうよ。

生きていくしかないんだよね。

そんなこと呟きながら、

眺めていた18歳の夏の夜空。





ブログランキング参加中!
クリックありがとう↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村